自己破産について

自己破産は債務免除が可能

六法全書 借金を作ってしまい返済を試みたが、どうしても返済出来ない時もあるかもしれません。 そんな時に役立つのが、自己破産という制度です。 自己破産は自分一人では行うことは出来ずに、必ず専門家の判定が必要になってきます。

主な流れとしては、まず借金を抱えているものが弁護士などの専門家に相談をして、専門家の先生が自己破産が妥当と判断したら、その手続きを始めます。 そして、裁判所でそれが認められたら自己破産が完了となります。 これを行うと、今ある自分の借金が0になり、新しいスタートを始めることが出来ます。

そして自分の家族に対しても、基本的に負担がかかることはないので、まわりの者に知られてしまうということもありません。 自己破産後の財産についても、強制執行という給料などの強制的な差し押さえもなくなりますので、その点でも安心できます。

返済能力がある場合は利用できない

ここで一つポイントとして借金の額は基本的に関係ありませんが、自己破産はこれ以上の借金返済が不可能な状態の時に、適用される制度です。 ですので、自分自身でまた返済能力があるのに勝手に自己破産を行うことは、法律で認められていません。 借金返済制度というと条件なしに誰でも利用できると考えがちですが、そんなに甘い制度ではありません。

もしだれでも条件なしに利用できてしまうと、この国の財源制度がおかしくなってしまいます。 そうなってしまわないように、一定の条件があり一定のきまりがあるのです。 これは借金制度に限った事ではありませんが、何事もルールを守って行わないとどこかで歯車が狂い始めてきますので、ルールを守る必要があります。

あまり詳しく紹介していくと話がややこしくなってしまいますので、このあたりで終わりにしたいと思います。 ですが、上記で解説をしたことを中心に覚えておけば、自己破産の知識については十分だと思います。 自分自身でもある程度覚えておけば、自分が実際に借金を作ってしまった場合でも、比較的冷静に対応できるのではないでしょうか。

●経済情報
  • アダルトサイト閲覧者に不正請求 被害10億円か
  • ドローン 10キロ以上先に荷物運ぶ試験
  • 日銀の黒田総裁 首相と会談 米経済で意見交換
  • 「ひこにゃん」に1万通超える年賀状 滋賀 彦根
  • 都議選に向け公明党との関係修復急ぐ 自民都連 下村会長
  • 熱海で火災6人けが 6歳児不明
  • 米の沖縄での施政権などめぐる覚書 明らかに
  • 首相 フィリピンでドゥテルテ大統領と会談