民事再生について

民事再生は持ち家を処分しなくてもOK

マイホーム 前回借金返済方法の一つを紹介しましたので、今回また新しい方法を紹介したいと思います。

2つ目は民事再生という制度についてです。 特徴として、マイホームなどを失うことなく借金を返済出来る方法の一つであります。 通常ですと、借金返済となるとマイホームを失ってしまうケースが多々ありますが、民事再生につきましては失うことなく返済出来ますので、精神的負担も最小限ですみます。

そしてこれはあまり知られていないことですが、借金返済の解決手段である通常の自己破産ですとある一定の職業に数年間就業出来ないというケースがあります。 例えば、弁護士や警備員などの職業がこれに該当します。 ですが民事再生の場合はこれらの職業制限がありませんので、この制度を利用後も継続してこれらの職に就くことが出来ます。 またこれ以外の職についている場合でも、基本的に失職することはありませんので、その点でも負担が軽くなります。

デメリットについて知っておこう

それではデメリットについてみていきましょう。 やはり借金制度を利用するということで、5年間?10年ぐらいの間は新たに借金を作りにくくなってしまいます。 具体的には、クレジットカードを利用した買い物などが該当します。 そしてこの制度は、住宅ローンの借金には利用できないという点です。 借金の原因がクレジットカードの買い物によるものなら問題はありませんが、住宅ローンが原因の場合はこの制度は利用できないのです。 ですので、自分がもし住宅ローンで借金を負っている場合は、別の返済方法を考える必要があります。 今の日本の制度にはいくつか借金を返済する制度がありますので、その点は安心してください。

あくまでも借金を返済する方法のひとつなので、この民事再生が必ずしもあなたにあった返済方法とは限りません。 ですが、それを決定するのは専門家が基本的に判断することですので、私たちはこの制度の基本的な仕組みをしってから話を聞きに行けば、きっと先生方の話に対して理解度もより一層深くなることでしょう。

●経済情報
  • クウェート議会選 政府に批判的な勢力が半数近くを獲得
  • ロシア プーチン大統領 日本との関係強化に期待
  • コロンビアで殺害の大学生 遺体で帰国 日本も捜査へ
  • 英 南シナ海で戦闘機飛行へ 中国の行動に懸念
  • フィデル・カストロ氏死去 各国メディアが大きく報じる
  • 韓国大統領の弾劾議案 野党が目指したあすの採決見送り
  • 北朝鮮の海外労働者 収入の多くが指導部に 韓国が指摘
  • トランプ次期大統領 「アメリカ第一主義」鮮明に
  • カストロ氏死去 友好国ベトナムでも多くの市民が追悼