債務整理はプロにお願いしましょう

債務整理は法律の専門家へ

法律の本 前回の記事で債務整理について紹介をしましたが、その内容を見て実際に同じことが自分に起きたとしても自分で解決できると思ってしまう方もいるかもしれません。 ですが、決して自分で債務整理を行おうとはせずにプロの方の力を必ず借りるようにしてください。

その理由は、債務整理の手続きと言うのは何かと色々な手続きが必要になってきます。 そうなると色々と書類の作成などを行わないといけなくなってしまい、私たち一般人には何の事だかよくわからないという状況になりかねません。 それとは引き換えに、専門家の方は法律のプロです。法律と言うのは色々と仕組みが複雑で、普段なじみのない者が安易に書類にサインなどをしてしまうと取り返しのつかない事態になってしまいます。 だから、債務整理を行う際は必ず専門家の力を借りましょう。

弁護士事務所に依頼

法律の専門家と言うと弁護士・司法書士・行政書士などがありますが、依頼する時は基本的に弁護士の先生にお願いするようにしましょう。 厳密に言うと司法書士でも法律で認められた交渉権があるのですが、金額が140万以下でないと認められておらず、それ以上の金額になってしまうと対応が出来なくなってしまいます。

よって、司法書士ではなく弁護士の先生に依頼をするのが一般的な形となっています。 行政書士についても少し紹介をしますと、行政書士とは主に市役所や警察署などに届ける書類の作成業務が中心となりますので、債務整理に関して法律で業務を行うことが認められていないので、行政書士に関しては今回の候補に入れなくてもかまいません。

普段馴染みのない弁護士事務所と聞くと私たちは少し敷居が高いと感じるかもしれませんが、最近は法律番組やニュースなどで弁護士の先生も登場・活躍されることも多く、私たち一般市民にも親しみのある職業となってきています。 弁護士事務所に限らず新しい分野に足を踏み入れるのは少し躊躇するかもしれませんが、自分の将来にかかわることですので、少しでも早めに相談をしてその人個人にあった債務整理を行うことが、結果的に精神的負担を軽くする一番の方法でもあるのです。

なお、パチンコの借金返済の場合は、自己破産による債務の免除はできないことがあります。 借り入れ理由がギャンブルだと、裁判所で免責許可の決定が下されないことがあるからです。

●経済情報
  • 民進国対委員長「五輪予算3兆円超 政府に最終責任」
  • 米女子ゴルフ 野村は16位
  • 下町ボブスレー ジャマイカ代表用の新型そり初披露
  • 米 9月の新車販売 2か月連続で減少
  • 比大統領 麻薬取締りで「喜んで中毒者を虐殺する」
  • 国内男子ゴルフ 谷原が単独首位
  • コロンビア和平合意 国民投票で否認 内戦終結遠のく
  • テニス ジャパンオープン 西岡は初戦突破ならず
  • 岩隈 今季最後の先発で5失点 勝ち負けは付かず
  • サッカー天皇杯 4回戦以降の組み合わせ決定